お役立ち情報
「猫バンバン」って知ってますか?
2016.11.03
沖縄もかなり涼しくなってきました。
夏の間は、屋根付き駐車場のコンクリートの床でダレまくっていたノラ猫さんも、ここ最近は元気に辺りを走り回っているようです。
さて、さて、猫といえば、今年のはじめ頃からよく目にするようになった「猫バンバン」というワード。
これって、車と関係がある言葉なんですが、皆さん、ご存知ですか?
それは日産自動車がはじめたプロジェクト
「猫バンバン」って知ってますか?のイメージ

「猫バンバン」とは「寒い朝は猫などの動物がエンジンルームに入り込んでいることがあるので、フードなどを叩いて事故を防ぎましょう」という猫たちの命を守るためのプロジェクト。

数年前から、JAFが「ボンネットコンコンキャンペーン」として、同様の呼びかけをしていたらしいのですが、今年、日産自動車がステッカーを作ったり、特設サイトを用意したりと、注意喚起のプロジェクトとしてスタートさせたことで、SNS投稿用の「#猫バンバン」というキーワードとともに一気に評判となりました。

#猫バンバン PROJECT MOVIE by NISSAN
https://www.youtube.com/watch?v=vO3xyqh0Mjk

車の近くにいる猫たち
「猫バンバン」って知ってますか?のイメージ

プロジェクトの一環として、2月22日の猫の日に、SNS上でアンケート調査も行われています。
208人の回答結果のうち、猫バンバンした結果、車に猫が隠れていたという回答は208人中30人(14%)。
また、猫がいた場所として最も多かったのは、車の下(14件)、タイヤのそば、上など(8件)、ボンネット上(6件)、ボンネットの中(3件)となっています。

SNSでのアンケートということで、回答者の数は限られていますが、やはり猫さんたち、車の近くにいるものですね。
関連サイトでは、猫が巻きこまれてしまった車を担当した整備士たちのコメントも載っていたりしますが、悲惨そのものだそうです。(´-`

実際、わたしも近所の方の車の中に子猫が入り込んでいたのを目撃したことがあります。その時は鳴き声がしていたので、運転者が気づくことができました。悲しい結果にならなくて、本当によかった~。

ちょっとした気づかいで事故をなくそう

沖縄は寒い時期が短いので、猫が暖をとるためにエンジンルームにまで入り込むケースは、本土ほど多くはないかもしれませんが、逆に暑い時期に、日差しを避けるために、車の下にもぐりこんでいることはよくありますよね。

何より、ノラ猫さんの数が決して少なくない沖縄なので、乗車前に確認する優しい心づかいはぜひやっていきたいものです。٩( 'ᴗ' )و

^